くろつち会館
〒 838-0112
小郡市干潟2056番地1
TEL/FAX 0942-73-2768
ホーム > 講座・イベント > 講座・イベントの報告

募集中の講座・イベント

子どもチャレンジ講座「親子お菓子作り教室(バレンタインデー)」参加者募集!
くろつちセミナー
教養講座
歴史講座

講座・イベントの報告

歴史講座
エコセミナー
食育講座
子どもチャレンジ講座
健康講座
サークル発表会
ものづくり講座
くろつちセミナー
教養講座

歴史講座

 

◇「花立山古墳群」の過去と未来 R4/5/10 

           

 小郡市郷土史研究会の杉本岳史さんに「花立山古墳群」の過去と未来についてお話しいただきました。小郡市の古墳として古くから地元の方々に大事にされてきた花立山穴観音古墳は小郡市指定文化財第1号に指定された古墳であり、今では福岡県指定文化財に認定されている古墳であることや、また、その形と大きさ、石室、装飾、時代と被葬者などについて知ることができました。

 

220510 HP用②.jpg 220510 HP用①.jpg
   

 

 

◇「うきは」路の歴史散策 ~「うきは」の今昔~(バス視察) R3/11/17 

           

 前回に引き続き講師をしてくださったのは、小郡市郷土史会の帆足徳男さんです。前回、学んだ「うきは路」を参加者14名と散策しました。商家が連続する街並みを歩き、紅葉した木々に包まれた屋敷や社寺建築を見ながらの散策でした。資料館では月岡古墳の貴重な出土品や文献を見て学び、その後現地へ。日頃は鍵の掛かっている日岡古墳では、教育委員会の方のご協力のもと石室を見学することもできました。また、長野水神社や大石堰では、河川や水路がこの地域の経済基盤を支えていて、古人の苦労と知恵と努力が今日も我々の暮らしを潤していることを学びました。

 

国登録有形文化財楠森河北家住宅.JPG 大石堰.JPG
 国登録有形文化財 楠森河北家住宅  大石堰・五庄屋遺跡 

 

 

◇「うきは」路の歴史散策 ~「うきは」の今昔~ R3/10/5  

 

 今回の歴史講座は「うきは」路の歴史散策がテーマでした。うきはの山や川、ダムなどの地形や、多くの文化的な遺産について学びました。

 次回は11月17日(水)に今回学んだ場所を散策します。

 

 ・「うきは」の自然・地理概観

 ・「うきは」の歴史的・文化的遺産

 ・浮羽郡の変遷

 ・田主丸町の今昔

 ・吉井町の今昔

  

  

◇「花立山古墳群」の過去と未来  R3/8/24

 

  予定していた講座は中止いたします。

  

◇大原の合戦の実像とこれから R3/7/13

 

 小郡市郷土史研究会の杉本岳史さんに「大保原(大原)合戦」についてお話いただきました。小郡市を中心に一大決戦が展開され日本三大合戦の一つとも言われる大原合戦。今回の講座では発掘調査結果から見た「大保原合戦」が地元小郡に与えた影響を考える時間となりました。

 

 ・大保原(大原)合戦とは

 ・中世の北部九州社会~博多の発展~

 ・中世遺跡と「大保原(大原)合戦」

 ・善風寺とは?そして、善風寺は実在するのか?

 ・大原合戦のこれから

 

  

◇久留米の成り立ちと歴史 R2/10/6    

 

 今回の歴史講座のテーマは、帆足徳男さんによる「久留米の成り立ちと歴史」についてでした。年表や古地図を見ながら、よく耳にする地名や地域がどんなふうに発展したのか昔と今を比べることを楽しみながら学びました。

歴史講座(jpg).JPG 歴史講座日付なし(jpg).JPG
   

歴史講座④  「甘木・秋月の起こりと秋月街道」 10/8

 

①平塚川添遺跡 ②甘木生徒隊・高射砲隊跡 ③頓田の森 ④三奈木黒田家跡
⑤須賀神社 ⑥安長寺 ⑦甘木歴史資料館 ⑧秋月巡り・秋月歴史資料館 

 

 今回の歴史講座は、9/24の講座③で学んだ内容の場所を実際に視察しました。

小郡市に隣接しているすぐ近くの場所にも関わらず、いつも横の道を通り過ぎるだけ
だったり、話に聞いていただけだったりで、「実際に中に入ったのは、今回初めてです。」と
参加者の多くが言われていました。

  秋月地区についても、観光に来たことはあるという人が多かったようですが、
歴史ボランティアによる説明や資料館の見学で、より詳しく知ることが出来ました。 

IMG_3496.jpg  IMG_3508.jpg 

         平塚川添遺跡

         三奈木黒田家跡
IMG_3512.jpg  IMG_3521.jpg 
         須賀神社          秋月歴史資料館
   

◇歴史講座NO.3       9月24日(火)
 『秋月・甘木の起こりと秋月街道』  


  郷土史会の帆足徳男さんから、「甘木・秋月の起こりと秋月街道」をテーマに、
縄文時代~昭和まで、時代に沿って詳しく説明して頂きました。
 甘木の地理的重要性、商業・交通の発達、戦争、三奈木黒田家との関わり、秋月
街道についてもお話して頂き、講座④10/8のバス視察の予備知識となりました。
バス研修が、大変楽しみです。

 

  

IMG_3477.jpg  IMG_3478.jpg 
   
   
   
   

歴史講座NO.2     6月11日(火)

 

  『画家 中垣 楳山について』
 
 小郡市郷土史研究会の森幸治郎さんを講師に迎え、郷土の画家・中垣楳山さん(1880年~1977年)とその作品についてお話をして頂きました。とてもお酒が強かった楳山さん。朝起きて一杯、描き始めに一杯、昼一杯、晩食に二杯、夜中に一杯。これも絵のため、これをやらんとよい絵ができんと言われていたという。98歳で亡くなられていますが、94歳の時の作品も鑑賞させていただきました。ほとんどの参加者は「中垣楳山?」って感じだったのが、森さんの話に引き込まれ、楳山さんの絵に魅了された、楽しい講座でした。

 

IMG_3006.jpg  IMG_2983.JPG 
   
   
   
   

◇歴史講座NO.1   令和元年5月28(火)
 『狛犬と神社めぐり』

 小郡市郷土史研究会の田邊義典さんから、小郡市を中心に、各地の神社や寺院に
奉納されている狛犬の
ルーツや配置、スタイル、顔などについて紹介して頂きました
 狛犬は、魔除けのためにあることや、玉座から見て、左が獅子、右が狛犬だということ、
スタイルにも、子連れや直立、四足歩行等色々あることを知りました。
 参拝する際の楽しみが、一つ増えました。

 

 

IMG_2977.jpg IMG_2986.jpg
    
   
   
   

◆歴史講座2016  第1回バス研修

 

「奈良・平安時代の役所巡り」

 

上岩田・小郡官衙遺跡を地元に長年住んでいながら、役所跡と知らなかった方が意外に多く、今から1,300年ほど前には、すでに大きな力を持った役人が、ここ一帯を治めていたのだと知りました。

 

久留米市合川町の国府跡では、今で言う県庁の役割を持つ役所跡を、数か所移動しながら説明を受けました。

なぜ、国府の場所が点々と動いたのか?ここが何故、国司の館と言えるのか?など、発掘された文献や出土品から解明され、河川による流通の便や、寺院神社の影響やまた道路や地形などの理由によるものだと説明を受け、古代人の知恵や、ロマンを感じました。

 

 

DSCN7617.jpg1.jpg  DSCN7618.jpg1.jpg 

 上岩田官衙遺跡

 小郡官衙遺跡
DSCN7620.jpg1.jpg  DSCN7628.jpg1.jpg 
 合川町 筑後国府遺跡  南筑高校内にある横道遺跡